家庭教師のサポート体制

家庭教師NAVI

家庭教師センターのサポート体制

家庭教師の種類

家庭教師と上手に付き合う

いくら家庭教師といえども人の子ですから、学力アップに躍起になる親御さんであろうと無理難題を押し付けるのはよくありません。あまりいい例が浮かびませんが、例えば勉強がまるでできない子どもを「東京大学入試に受かるくらい学力をアップさせて欲しい」という要望はあまりにも無茶ですし、それを任される家庭教師が気の毒です。雇う側と雇われる側の関係が良好であることで、親御さんのほうも家庭教師に対して要求しやすくなりますし、家庭教師側も自分の教え方やこれから教えること、また教えられる限界というものを申告しやすくなります。お金が絡むことですので、雇う前と後でよからぬトラブルを起こさないようにお互いのコンセンサスを大事にしましょう。

家庭教師は万能じゃない

家庭教師は勉強を教えることが仕事です。したがって、勉強を教えた結果で成績が上がらない、むしろ悪くなったという場合には雇った側としてはクレームをつけることができると思います。しかし、明らかに家庭教師の専門外なことを要求し、それに対しての成果を求めた結果、それが望んだ結果にならないことに腹を立てたり無理な要求を突きつけるのは筋違いというものです。私個人が聞いた話で恐縮ですが、東京にあるとある大学を出た私の友人は、学生時代に金策として家庭教師を週に3日間やっておりましが、成績の向上だけでなく、受け持った生徒の性格の矯正や言葉遣い、果ては学校のテストの予想問題集を作って欲しいといった明らかに専門外の要求をされたそうです。要求した分のお金は払うという雇い主に対して、そういったことは教えらることができないと正直に話した結果その契約はご破算となったそうです。雇う側が立場的に上と認識するのはまぁ理解できるのですが、行き過ぎた要求が互いの契約状況をご破算にするというケースもある、ということを覚えておきましょう。




おすすめWEBサイト 5選










Last update:2019/7/12

Copyright (C) 2008 家庭教師マニュアル. All Rights Reserved.